現代における高血圧|予防と対策はどうすればよいか

食事

塩分と高血圧

塩分は高血圧で特にとりすぎにきをつけなければならないですが、食事のなかに塩分がどれくらい溶けているのか目に見えないので、減塩はどうすればいいのかなやむかたも多いのではないでしょうか。まずは減塩の調味料からはじめてみましょう。

弁当

血圧をあげる原因

食事以外にも高血圧では気をつけなければいけないポイントがいくつかありますので、食事療法とあわせて規則正しい生活をし、年齢が上がっていても健康で楽しく過ごせるようにしましょう。

高血圧の危険性を把握

和食

高血圧は現代の食生活や生活習慣における重大な問題点の一つですが、正しい知識と適切な処置によって高血圧から重大な病気を引き起こすリスクを下げることができます。まずは高血圧とはなにか知ることからはじめましょう。高血圧とは血管の圧力が慢性的に高くなってしまった状態をさします。運動などで一時的に数値があがるのは普通ですが、高血圧とよばれる人は何もしていないときの数値も正常値より高めになってしまっています。血圧が高いと血管が固くなることで動脈硬化が引き起こされたり、脳の血管が破裂する脳卒中などになってしまう場合もあるため、数値がかなり高い場合はすぐに病院などで処置が必要ですが、早急な問題でなくてもじょじょに数値が高くなってしまっていることもよくありますので、自分には関係ないと思わずに日々しっかりとした生活をおくることが重要です。現在40代の過半数の人が高血圧と診断され、さらにそれより若い世代でも増えています。一般的に年齢が高くなるに連れてリスクが増えてくるので、健康なうちから気をつければ、健康な未来が待っています。
高血圧は病院で定期的に診断することによって自覚症状がでない場合も自覚することが出来るので、まえよりも数値が高くなってきていると思ったらまず医者に相談してみましょう。この数値で問題ないといわれることもあるかもしれませんし、ライフスタイルの改善が必要かもしれません。自分で不安を抱え込むよりも、適切な医療機関に早めに相談することで解決するものも多いはずです。症状が進んでいるひとは高血圧の病食についても相談しましょう。

和食

高血圧に必要な栄養素

高血圧になってしまった場合塩分は少なめのほうが良いことは知っているかもしれませんが、取らなければいけない栄養素も知っておかねばなりません。体によい食事をし、改善につなげましょう。