現代における高血圧|予防と対策はどうすればよいか

塩分と高血圧

食事

高血圧の食事で気をつけなければいけないことはなんでしょうか。あまりとりすぎないほうがいい食材として塩分や脂質があげられますが、特に塩分は脂質に比べて管理が難しいので注意が必要です。塩分を適切にコントロールした食事を考えることが、高血圧に必要な食事をとるうえで必要なことになります。塩分は成人で一日7~9グラム未満が推奨されていますが、減塩の食事はつらいと考えているかもしれません。しかし実は日本は味噌汁や漬物が多いため、欧米とくらべても塩分過多になる傾向が多いのです。高血圧のひとは通常の塩分高めの食事から減塩食に切り替えると最初はものたりないきがするかもしれませんが、そのあとに再び普通の食事をするとかなりしょっぱく、普段から塩分を摂りすぎていることに気付くはずです。現在はいろいろなメーカーから様々な減塩の食材が販売されていますので、そういった気軽にできるものからはじめてみましょう。とくに醤油やタレは塩分が多いので、気ををつけると良いでしょう。高血圧対策の調味料の中には何ミリリットルつかったら何グラム塩分をとったか視覚的に見やすいものもありますので、最近数値が高くなってきて減塩食をはじめたいというかたはサイトやお店などで様々な商品を探してみましょう。自分にあったおいしいものが見つかるはずです。病食などの研究も進んでいるのでそちらについても探してみましょう。
高血圧のひとは、一日どれくらいの塩分を摂取すれば大丈夫なのかは個人差にもよるので、専門家にしっかりと相談し、現在の体調にあった食事を心がけましょう。