現代における高血圧|予防と対策はどうすればよいか

高血圧に必要な栄養素

和食

高血圧はではとくに減塩食などが大切だとわかったとおもいますが、改善する上で必要な栄養素もあります。適切な食事をとり高血圧の予防や改善に繋げましょう。
まず高血圧に必要な栄養素としてタンパク質があります。タンパク質は血管や血液を作るおもな成分になるので、固くなったり傷ついた血管の修復には欠かせない栄養素になります。肉などから摂取しようとすると脂質と塩分の一緒にとってしまうので、大豆食品や魚などから良質なタンパク質をとるように心がけましょう。つぎはカリウムです。カリウムは余分な塩分を体外に排出し、塩分のバランスを整えるために一役買っています。人の体は塩分が多くなると水分などをおおくとって濃度を調節しようとしますが、からだの水分がふえると血圧は高くなってしまいます。カリウムが足りていれば水分を過剰に欲しがることもないのでこの成分が不足しないようにしましょう。アボガドやアーモンドなどにたくさん含まれているので積極的に食べましょう。あとはカルシウムも高血圧の人には必要な栄養素です。カルシウムは血圧を下げる働きがあるので、煮干しやヨーグルトなどを普段より多めに食べると良いかもしれません。他にも必要な栄養素はたくさんありますが、食事だけで補えているのか不安なかたは、高血圧の人向けのサプリメントなども積極的にとっていきましょう。サプリメントは脂質などを摂りすぎる心配が減るので安心です。自分の体にある食材や食事が見つけていけるといいですね。